大阪のチュンやで?

0045.jpg9月の外ちゅんたちのお話を、今ひとつ。

夫婦で大阪・京都に1泊2日の旅行をしたのですが、八軒家浜船着場から、水上バスに乗ろうとしたときのこと。(出先で船ばかり乗っているな…。そうです、私はフネ好きです!)
巨大なアヒル隊長のような、オランダ渡りのオブジェ「フローティングダック」を眺めていたら…。









0046.jpg我々の足元に、ボロボロになったちゅんが一羽、もの欲しそうに降りてきました。
そのくたびれぶりは本当に哀れで、羽の色は褪せ、尾羽は抜けてまばらになり、歩く姿にも力がなく、涙を誘うほど。

船の出港時刻まではまだ時間があるので、(●゚ θ ゚) 母に様子を見てもらい、急いで駅ビルの中に走り、とりあえず目についたドラッグストアで「ダイエットビスケット」なるものを購入。咀嚼して与えてやると、ガツガツと食べてくれました。







0047.jpg頬のニュウ(黒丸)の色が薄かったので、まだ巣立ち間もない、若鳥でしょうか。周りに仲間の影も見えなかったところを考えると、何かの理由で群れからはじき出されたのかも…。いつまでも我々のそばを去りませんでした。

これが家の近くなら、しばらく保護して、元気になるまで育ててやるのですが…。元気でいるんだよ…(涙)。









0048.jpg翌日も大阪城港から道頓堀をめぐる船に乗るなど、水上バス三昧。

ここでももちろん、ちゅんフリーク夫婦のやることと言えば…。












0049.jpgまあ、パターンではありますが、折りよく集まってきたちゅんどもを相手の時間待ち。

ここのちゅんたちはノリがよく、まるでハトのように集まってきて、エサをねだります。
お客さんたちに餌付けされているのでしょう。












0050.jpgエサをやる手を休めると、どんどん階段を上がってきて、激しいおねだり攻撃で我々のハートをわしづかみ(笑)。

スズメは意思表示がハッキリしていることは、ウチのちゅんどもと長年(?)つきあって身にしみたことではありますが、外ちゅんたちとのスキンシップでも、再認識させられることがしばしば。
私の子供のころは、スズメって、人の姿を見ると逃げるもの、という固定観念があったのですが…。まあ、こうして出先でも気軽に、ご当地のちゅんたちと遊べる時代になったのは、喜ばしいことではあります。






今年はDoblog閉鎖騒ぎのこともあり、あまり更新できませんでしたが、ご来訪いただき、またコメントを頂戴しありがとうございました。
皆さんと皆さんのお宅のスズメちゃんたちが、来年もよい一年を過ごせますよう、当家二人と二羽で、お祈り申し上げます。

(●゚ θ ゚) 父
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます

我が家も無事にチュンと新年を迎えることができました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

癒されますねぇ。
外でスズメを見かけると、じっと見つめてしまうのが
今では条件反射のようになっています。
時々、隣の神泉苑の鯉にパンをやりに行くと、どうしても
寄ってくるスズメ贔屓になりますね(笑)
野生でたくましく生きている姿は、何ともいじらしいです。

意思表示がハッキリしているのは、うちのチュンに限った
ことではないようですね(笑)

旅先でのすてきな出来事、しかもすずめにおねだりされるなんて、とても羨ましいです。より一層思い出に残る旅だったのではないでしょうか。

1度でいいから、数羽の外すずめにおねだりされたり追われたりしてみたいものです。でも、1羽ではありますが、毎日手や肩に乗ってくれたり、追いかけられ身体のどこにでもしがみ付かれる私には、贅沢な願いかな~とも思います。考えてみれば、こんなに近くですずめを眺めることができるなんて、一緒に暮らす前は想像もつかなかったのですから。

今春、うちの姫は6歳になります。好奇心は旺盛で衰えることを知りませんが、飛んだり着地をする際に以前とは違う変化を感じることが時々あります。今年も来年も再来年もずっと元気でいてね、とお願いをしましたが通じたかどうか...。今も構ってクレといわんばかりに、顔の前をホバリングしたり肩に乗って耳たぶを突付き騒いでおります^^

今年も(●゚ θ ゚) 父さんファリーに沢山の幸せが訪れますようお祈り致します。

Re: 明けましておめでとうございます

>たわしすずめさん
こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
おチュンちゃんもますます元気で何よりです、よろしくお伝えください。
大阪のスズメちゃんたち、とても懐っこかったですよ。
ハトでも、寄ってくるとついエサをやりたくなってしまうんですが、ちゅんどもと暮らす今となっては、やはりスズメびいきです。
意思が伝わってくるようにおもえるのは、やはりちゅんどもと長くスキンシップを計った成果かもしれません。

Re: タイトルなし

>ちいちゃんママさん
出先までスズメを構うのにうつつを抜かすなんて、ちょっと恥ずかしい夫婦ではありますが、ちゅんどもと暮らすと、野良ちゅんたちのゴハンの心配までしてしまうようになるのですから、スズメの魅力は恐ろしいものです!
ちいちゃんは相変わらず甘えん坊さんですね! ちゅんどもはあまり体に乗ってきたりはしないので、うらやましい甘チュンぶりです。もうすぐ6歳とは、京都のおチュンちゃんに負けない長生きさんですね。
ウチのちゅんすけも、「あれ、ちょっとトシをとって来たのかな?」と感じられる、以前に比べて、少し鈍くなったような仕草を見せるようになりました。気をつけて、健康に生を全うさせてやれればと思っているのですが。
ちいちゃんとママさんにとって、今年が良い年でありますように。

あけましておめでとうございます

松の内ぎりぎりのご挨拶になってしまいました。(^_^;)
本年もよろしくお願いいたします。
ちゅんすけちゃん達の楽しいお話、楽しみにしています。

大阪の雀は人なつっこいのでしょうか。
クレクレ攻撃には勝てませんよね。
東京は皇居周辺、上野あたりの雀が人なつっこいです。
「スズメが手に乗った」という児童書に出てくる横浜の公園にはいつか行きたいのですが…。
外の雀が手に乗るなんて夢のようです。

我が家にやってくる雀たち、今年はまだヒヨドリに見つかっていないので、
バードケーキ食べ放題をしています。
網戸に張り付いてクレクレ攻撃をするこが増えているような……。
気のせいではないと思いたいです。(笑)

その雀たちをいちいち威嚇するちゅんころ……。こらこら(^_^;)

ちゅんすけちゃん、ひなちゅんちゃんにとって健康で楽しい一年でありますように。

Re: あけましておめでとうございます

>ちゅんこさん
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
ちゅんころちゃんもお元気そうで何よりですね。
上野のスズメ…私も、ちゅんすけを迎える前、上野公園でベンチに座っている人にエサをねだるスズメを見て、「スズメってこんなに人懐こいものだったんだ!」と感心した覚えがあります。
網戸に張り付くちゅんたち! ちょっとコーフンするお話ですね! ぜひ見てみたいです。
それを「ビビビビ!」と威嚇する可愛いちゅんころちゃんの姿が目に浮かびます。
プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター