ちゅんすけとご飯

FI2286167_0E.jpg練り餌を卒業して、混合種子餌などの、固形の餌を食べられるようになってからも、ちゅんすけの餌場は、カゴの中に限定していました。
放し飼いにした結果、不慮の事故で命を落としてしまう例が多くあると言う「すずめSOS」の注意に忠実に従い、留守番の時はカゴに入れて過ごさせており、帰宅後や休日は放してやっても、餌はカゴで食べさせるのが当然と、思っていたからです。

ところが、観察していると、ちゅんすけはカゴに閉じ込められることを恐れているようで、餌を食べている最中も落ちつかず、少し食べると、すぐに出てきてしまうのです。
あるとき、(●゚ θ ゚) 母の提案で、放している最中は、小皿に餌と水を入れて、お気に入りの鏡の前に置いてやると、カゴの中よりずっと良く食べているようでしたので、それからは「外ご飯」が恒例となりました。
散らかった餌を片付けるのが、大変でしたが…。
(17年9月25日撮影)

FI2286167_1E.jpg小松菜などの青物も、できれば毎日与えた方が良いとのことでしたので、小鳥用の青菜挿しを買ってきて、丸のままの菜っ葉を立てて、カゴに入れてやっていました。
ところがやはり、あまり食べていないようで、しおれた菜っ葉の茎に乗って、ブラブラさせて遊ぶばかりです。

そこで、細かく刻んで小皿に盛って与えてみると、喜んで食べてくれるようになりました。これに気づいたのは、ちゅんすけが来て2ヶ月目くらいでしょうか。
刻んだ菜っ葉は傷みやすいので、気をつけてやらないといけませんが、写真のように、そこらじゅうに菜っ葉を散らかして喜んでいるのを見ると、こっちまで嬉しくなってしまいます。
(17年10月2日撮影)

FI2286167_2E.jpgちゅんすけのカゴ嫌いは日増しにひどくなり、大好きなミルワームで釣ったりしても、「もうだまされないぞ!」というような顔をして高いところに逃げ、かたくなにカゴに入らなくなってしまいました。
そんなときは、一部屋のふすまを締め切って、電灯を消して真っ暗にし、息を殺してちゅんすけに近づき、むりやり御用!(笑)とするので、ますます我々の手を恐れるようになってしまいました。
昨年11月半ばごろでしたか、逃げ回るちゅんすけをみて哀れになり、ついにカゴに入れるのをあきらめ、好きなところで寝かせるようにしました。

初めは、怪我をしたりしないか心配でしたが、本棚の裏に落ちたり、カーテンレールの金具に爪を引っ掛けて宙吊りになったりと、数回の小さな事故(いずれもすぐ自力で脱出)を体験した後は、ちゅんすけも慎重になって、危険なところには近づかなくなり、また台所には出てこないよう、しつけた甲斐もあって、今は安心して出かけられるようになりました。(さすがに居間のふすまは、閉めて出かけます)

以来、ちゅんすけの餌場は、鏡の前に置いたトレイの上です。
混合種子餌、雑穀入り玄米、フィンチ用ペレット、それに水をそれぞれ別の小皿に入れて与えています。青いお皿は、インコ用の塩土を砕いたもので、数日に一回与えています。青菜は2枚目の写真のように、別のお皿で与えます。
トレイは、鳥カゴの糞受け皿を取り外したもので、最初は畳の上に直接餌皿を置いていたのを、少しでも散らからないようにと使い始めたものですが、ちゅんすけの猛烈な散らかしようには付け焼刃(笑)で、餌場の境界線以上の役割は果たしていないようです…。
まあ、なによりのびのび暮らしており、カゴで過ごしていたときより、我々にも良く慣れてくれるようになったので、後始末をする甲斐も、あろうというものです。
(17年12月26日撮影)

(●゚ θ ゚) 父
--------------------------------------------------------------------------------

[ (●゚ θ ゚) 父 ] [2006/02/09 22:36]
>たわしすずめさん
まいどどうもです。リンクしていただき、ありがとうございました。
カゴは今でも置いてあるのですが、水浴びの時しか入りません(風呂場か?)。
ヒナちゅんのころは、茶色いミルワームも喜んで食べたんですけど、最近はぜいたくになり、ピチピチの白いヤツしか食べませなんだ…。
そこで、今まで冷蔵していたミルワームを、室温で脱皮させようとしたら、あんまり食べないので、ほとんどさなぎになってしまいましたorz

環境の変化に弱いちゅんすけ、今日から数日間(●゚ θ ゚) 母がいないのが気に喰わないのか、なかなかねぐらに入らず飛び回り、しまいにはタンスの上で寝ようとしています…。ふてくされてるのかなあ。


--------------------------------------------------------------------------------

[ たわしすずめ ] [2006/02/09 17:47]
ちゅんすけちゃん、可愛すぎます(*^^*)
カゴ嫌いでミルワーム大好きなところなんて、うちのチュンとそっくり。
本当に弟みたいです。
チュンも昔は、カゴに入れるのに暗闇にしてましたよ。
あまり効果はなかったけど(苦笑)
パソコンラックにツメを引っ掛けて、宙吊りになったことも何度かありました。

服に関しては、地味な色でシンプルなデザインがいいみたいですね。
うちのは紫、ピンクが特に嫌いみたいです。
はんてん着てると怖がって、バタバタしますね(^_^;;
何故か赤のセーターは平気なので、不思議なものです。

リンクありがとうございました。
こちらも、チュンの部屋のリンク集へ入れさせていただきました。




--------------------------------------------------------------------------------

[ (●゚ θ ゚) 父 ] [2006/02/06 23:46]
>すずたんママさん
早速UPしてくださり、ありがとうございました。すずたん、とても丈夫そうで、元気一杯に見えました。よろしくお伝え下さい。
文ちゃん、オヤスミナサイ!

--------------------------------------------------------------------------------

[ すずたんママ ] [2006/02/06 23:20]
ご送信してますorz
なにぶん文鳥が片手で寝てますので;;

--------------------------------------------------------------------------------

[ すずたんママ ] [2006/02/06 23:08]
クラウスソフトフードで参加させてもらいましたノシ
家のこの画像をUPしておきますね☆

私も同じく似た服を購入してます!(ユニ○ロなので助かるのですが)
私も籠から出す前は服を着替えてますよv
怖がる基準がサッパリで困りますね;;(私も過保護です)
この間はジュースの缶で部屋から逃げてましたorz

--------------------------------------------------------------------------------

[ suzutann ] [2006/02/06 23:02]
クラウスソフトフード

--------------------------------------------------------------------------------

[ (●゚ θ ゚) 父 ] [2006/02/06 21:23]
>すずたんママさん
チュン板からの飛来、ありがとうございます。

お宅のすずめちゃんもそうですか…。ウチも同じく、怖がらない服が、わずか数着のパジャマやトレーナーに限定され、仕方なくハードローテーションで着まわしています。
タオルのようにざっくりした布地も、爪が引っかかって取れなくなったり、コテンとつまづいてしまうので、以来怖がって近づきません。
布団カバーも、好きな柄が一種類で、他は怖がるので、(●゚ θ ゚) 母はネット通販でメーカーから同じ柄のものを複数取り寄せ、すべて統一してしまう始末。(過保護ですね…)

帰宅したら、「早く遊べ!」とせかすように飛び回るちゅんすけを前に、急いで着替えなければならない毎日です(笑)。

あと、お宅のすずめちゃんの画像は、掲示板で拝見できますか?よろしかったら、レス番をお知らせ下さい。

--------------------------------------------------------------------------------

[ すずたんママ ] [2006/02/06 19:33]
はじめまして、すずめが好きでチュンからら飛んで来ましたノシ
いつも日記を楽しみに拝見しております。

家にもすずめが居るのですが、似たような感じになるのですね
寝る時と外出時のみは籠に入ってもらってるのですが
私を見ると「出してー」と必死になってしまい、ちょっと可愛そうかなぁ;;
それとすずめの怖がる微妙な基準に振り回されております~
部屋着は指定で同じ服しか着れませんが可愛いので許してしまいますd(゚Д゚)☆
しかしこれが平気なのに、これが駄目の基準が未だにわかりません~~


--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター