スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビチュー!

長かった秋のとやも、10月第1週でほぼ終わり、我が家にもしばらくぶりの平穏(?)が戻ってきました。
ほぼ落ち着いたところを見計らって、久しぶりにちゅんどものねぐらのあるタンスをどかし、壁とタンスの間にごっそり溜まった抜け毛を掃除すると、秋も深まったなあ…という感じがします。もはやちゅんどものとやは、わが家にとっての季節の風物詩でもあります。

ひなちゅんは比較的早めにとやを終えたのですが、ちゅんすけはそれより少し長く続き、細かい羽毛が抜けなくなってからも、風切り羽や尾羽といった、大物の換羽が五月雨に続きました。抜けるときの痛さから、悲鳴を上げて飛び上がり、こちらがびっくりさせられることもしばしば…。

その悲鳴たるや、本当にもの凄いのです!
ビチュー! 
としか表現のしようのない鳴き声で叫び、ぶんぶん飛び回った後、口を半開きにしてハァハァしながら、私や(●゚ θ ゚) 母の腕に留まって、「何とかして…」と、悲しげな目で訴えてくるのですから、こちらまで痩せる思いがします。

とやの最中は、二人とも心細くなるせいか、いつもより甘えん坊になり、しきりに腕に乗っては訴えてくるので、まあ、嬉しくないと言えばウソになるのですが…。
でも、ちゅんすけの「ビチュー!」は、何度聞いても、寿命の縮まるような悲鳴で、スキンシップがはかれるからと言って、そう喜んでばかりもいられない、胸にグサリと突き刺さるような、悲痛な叫びなのです…。

とやが終わってホッとしたと思ったら、今度は久しぶりに、寝床争奪戦が再燃。
ひなちゅんが、何が気に食わないのか、寝床に入ろうとするちゅんすけを威嚇するので、ちゅんすけは仁丹ケースに入れません。(●゚ θ ゚) 母がひなちゅんをたしなめて、寝付くまでついてやっても言うことを聞かず、ついにちゅんすけは、カーテンレールの上で寝るはめになってしまいました。

本日(30日)に至り、ちゅんすけが数日ぶりに、ようやく寝床奪還に成功。まあ、ちゅんすけは人が良いので、ひなちゅんのワガママに譲るのは慣れているのでしょうが、ここ数日、朝晩が冷え込んだため、さすがにカーテンレールの寝床は、つらくなってきたようです。

0039.jpg例によって、昔のスナップをご紹介。

地球儀のある本棚で、首をかしげて可愛らしいポーズのちゅんすけ。
羽づくろいの直後で、全身モフモフ、ボサボサなのが、なんともリラックスした感じで、お気に入りの一枚です。
(18年3月22日撮影)


(●゚ θ ゚) 父
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(●゚ θ ゚) 父さん、

こんにちは。更新、とても楽しみにしておりました!

ウチでは、換羽がまだ続いていて、今は短い羽が僅かではありますが抜けている日が続いています。抜ける羽の大きさや長さ、色や形状もまちまちで、この羽はどの部分の羽なんだろう?と考えてみるのも楽しいものですが、当事者にとっては本当に深刻な状態ですよね。
多分だるい状態にあるのだとは思いますが、時折見せる狂ったようになる表情は、痛いのか痒いのか、どんな時なのでしょうか。鳥の気持ちに少しでも近づきたいのですが、なかなか難しいものです。そんなときでも、水浴びをしてくれると安心です。

秋も深まり、これから寒さも増してくると思いますが、ファミリーの皆様がお元気で過ごされますようお祈りしております。

Re: タイトルなし

>ちいちゃんママさん
ご無沙汰してしまいすみません。
ちいちゃんは、まだとやの最中なのですね。何しろ消耗が激しいので、おつらいでしょうが、美しい冬毛を楽しみに、頑張っていただきたいものです。
そうそう、直径2ミリくらいの、小さなオモチャのウチワのような可愛らしい羽、あれはどこに生えているんですかね? 体に触れないだけに、抜け羽を集めたとき、するするした感触を楽しむこともあります。
鳥の気持ちに少しでも近づきたい…まったくおっしゃるとおりで、長年一緒にいても、難しいことには変わりないのですが、気持ちが通じ合ったときのうれしさは格別ですよね。個人的は、ブーンと頭上を飛ばれて、何か要求しているな、と思ったとき、即座に行動を観察してやると、うまく行くことが多かったように思います。
寒くなると、丸々とふくらんだちゅんどもが楽しめる(笑)季節になりますね、ちいちゃんともども、どうかお体にお気をつけてお過ごしください。

こんにちは

お久しぶりです。更新楽しみにしていました。

トヤ終了よかったです!
我が家のちゅんころのトヤは暑いさなか、ずいぶん前に終わりました。

ちゅんころはすごく変わった雀で、抜いた羽を食べてしまいます。
(ミルワームも栄養補給の黄身もあげているのに(T_T))
羽があまり飛び散らないのはお掃除が楽なのですが、
羽を食べる鳥は初めてで戸惑っています。
以前保護していた雀は、普通に羽を捨てていました。
今は若いからいいのですが、年を取ったらちゃんと消化できるのだろうかと
心配しています。……おいしいのでしょうか、自分の羽。
変な子です。(^_^;)

あ、食べるのは柔らかい腰やお腹の羽です。

それから羽を抜くときは「ミリ…」と少し不穏な音がするのに気付きました!
でも、ちゅんすけちゃんのように痛がりません。
勝手に抜ける羽も多数。(こういう羽は食べません)

ちゅんすけちゃん、ひなちゅんちゃん、ちゅんころとはまったく違った様子なので
すずめって人間以上に個性的…かつ、行動が人間そっくりと思うことがしばしば。

http://www.youtube.com/watch?v=yYpoeQt0imI&NR=1

ご存じの画像かもしれませんが、貼っておきます。
喧嘩しているちゅんには申し訳ないのですが、何度見ても笑ってしまいます。
あの野次馬ちゅんたち。(^^)
無視したり、熱心に見物(?)したり、一羽一羽、とても個性的に見えます。

Re: こんにちは

>ちゅんこさん
ご無沙汰しております。ちゅんころちゃんも羽を食べるのですか。ウチのちゅんすけも、ゴハンは十分与えているのに、たまにですが、小さい羽を食べているのを見たことがあります。お腹にたまらないかと心配になってしまいますよね。
不穏な音!はちょっとコワイですね、ウチのちゅんどもはたいてい痛がって飛び回るので、音が聞こえたことはありませんが、太い羽が抜けるときはしていそうですね。
動画、夫婦で楽しく拝見しました! 周りで見ているちゅんたちが、最後までじっと見届けている仕草がおかしくてたまりません! スズメって、興味のあるものをよくじっと見ているトリだなあ、と思っているのですが、今回の動画でますますその思いが強くなりました。
プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。