スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイコンの花が咲きました

FI2621419_1E.jpg2月も末に入ると、暖かい日が増えてきましたね。今日は東京はひどい暴風でしたが、これが春一番なのでしょうか?

今回は、久しぶりにダイコンさんのお話をしようと思います。と言うのも、最近のうららかな陽射しのおかげか、成長著しいダイコンの一つに、花が咲いたからです。

ちゅんどもに与える唯一の青物兼、憩いの場でもある水栽培のダイコンたちが、窓際の水場にあることは以前もお話しました。

最近では、長持ちさせるための手法もすっかり確立、冬場のこの時期は、一ヶ月は青々とした葉っぱを茂らせてくれるようになりました。また、季節ものとあって、毎週の宅配無農薬野菜の中には、必ず1本はダイコンが入っているので、最近はご覧のとおり、4~5本のダイコンが、まるで林のように並んでいるありさまです。

ちゅんどもは大喜びで、葉っぱの間をくぐったり、茎に止まったりして遊んでおり、もちろん葉をちぎってよく食べます。葉をついばむのは、主に種子餌を食べた後なので、彼らにとっては、デザートといった位置づけなのでしょうかね?

ダイコンの林の下は、新聞紙を4枚重ねし、フチをきっちり折って、はしゃがないようにして敷きます。新聞紙の間には、以前ちいちゃんママさんからご教示いただいた、ビニール袋を広げたものを挟むようにしています。
これは、左に水浴びのお皿(新聞紙に包んだ、トレイに乗せてあります)があるにもかかわらず、ちゅんどもがダイコンのお皿で水浴びして、周囲をずぶ濡れにしてしまうためです(笑)。


FI2621419_2E.jpgこれが、上の写真で一番右にある、ダイコンの長く伸びた茎に咲いた花です。
ちょっとシワシワなのが惜しいところですが、花が咲くのを見るのは、やはり嬉しいもの。

ちゅんすけとひなちゅんに、「ホラ、お花が咲いたよ」と指差して、声をかけてやったのですが、高いところにあるせいか、あまり関心はない模様…。
まあ、彼らが好きなのは、柔らかくておいしい葉っぱなのですから、仕方がありませんね。

ちなみに、ダイコンを長持ちさせる方法ですが…、
①実(根?)の部分は、厚めに切るようにし、痛んだら少しづつそいでやるようにする。
②切り口はカビが生えやすいので、毎日たわしで水洗いしてやる。もちろんお皿の水は毎朝換える。
③茎は適度に剪定して、少なめにしたほうが長持ちし、葉もよく生える。
④葉の部分も、毎朝よく水洗いする。これは、無農薬なので、アブラムシの卵がついており、日当たりのよい窓際だと、あっと言う間に大発生し、葉を枯らしてしまうため。ちゅんどもは、虫がついているのが嬉しいようなので、難しいところ…。


FI2621419_3E.jpgちゅんどもですが、お陰さまで元気一杯です。写真は、お気に入りの場所でムクムクとくつろぐちゅんすけ。
(カメラを持ち出しただけで、ひなちゅんは当然大騒ぎ、抗議飛行中!)

気になるのは、ちゅんすけの爪が伸びてきたこと。
座椅子のカバーで、軽く引っかかったり、逆に布団カバーの上では爪がかからず、滑ったりしていたのを、何度か見かけました。

以前もお話しましたが、ちゅんすけの爪は巻き爪で、伸びるとJ型になってしまうため、引っかかりやすいのです。
まあ、本人も気をつけており、一回でも引っかけたところは、二度と近づかないので、成鳥になって以来、大きな事故になったことはないのですが、歩きにくそうではあります。

この点、ひなちゅんは全く正反対で、爪がまっすぐ生える上、毎日クチバシでカリカリと上手に噛んで、爪のお手入れを欠かさないという、不思議な性質があるので、爪もあまり伸びませんし、全然引っかからないのです。

二羽とも、お互い影響しあっており、ちゅんすけのクセがひなちゅんに伝染(?)したり、その逆の例もあったので、マネをしてくれると良いのですが…。
「ちゅんすけ、ひなちゅんみたいに、爪カリカリしてごらんよ」と勧めるのですが、どうやらこればかりは、伝染しないようです。

また近いうちに、あの爪切りの惨劇(笑)を、繰り返さなければいけないと思うと、気が重いです…。う~ん、悩むなあ…。

(20年2月11日撮影)

(●゚ θ ゚) 父


--------------------------------------------------------------------------------

[ (●゚ θ ゚) 父 ] [2008/02/29 23:49]
>たわしすずめさん
ありがとうございます。無農薬のダイコンにしてから、非常によく食べるようになり、そのせいでしょうか、フンがやたら大きく、また頻繁にするようになりました(笑)。青物を食べると通じがよくなるのは、人間と同じようですね。
おチュンたんは野菜嫌いになったのですか? でも、卵ご飯やピーナツなど、美味しいものをたくさんいただいているのですから、栄養の点は心配ないのではないでしょうか。
う~ん、顔が逞しくなりましたか? いつもひなちゅんと空中戦をしているので、悪相(笑)になってきたのかもしれません。でも、一羽でいたときのように、寂しそうな顔をすることがなくなっただけ、よしとしています。
爪切り、早くしてやりたいのですが、まず捕まえる算段がつかなくて、悩んでいます…。

--------------------------------------------------------------------------------

[ たわしすずめ ] [2008/02/29 22:28]
立派なダイコンさんですね。
愛情こめて育てたから、とても体に良さそうです。
うちは昔は小松菜が好きだったのに、最近では
すっかり野菜を食べなくなり、困っております(^_^;;
まあ元気なので、あまり気にすることでは
ないのかもしれませんが。

ちゅんすけちゃん、前はうちのチュンに似ていたのに
顔つきが逞しくなりましたね!
ツメ切りはとても大切なので、大変だとは思いますが
まめに切ってあげて下さいね。



--------------------------------------------------------------------------------

[ (●゚ θ ゚) 父 ] [2008/02/25 21:28]
>ちいちゃんママさん
いえ、そんな高尚な心構えがあったわけではなく、ちゅんどもがいかに長く食い延ばせるか(笑)を考え、工夫した結果のダイコン開花ですが…。でも、可愛らしい花が咲いたのを見たときは、やはり嬉しかったですね。
う~ん、ちいちゃんも、ウチと似たような事故にあわれたのですか。私もずいぶん前、ちゅんすけがカーテンレールの金具に爪をはさんで、宙吊りになったときは驚きましたが、反面その場に居合わせて、本当に幸運だったと思ったものです。
出勤前に爪きりとは! ちいちゃんママさんの愛情と勇気に、ただ感服するばかりです。私はとても、できそうにありません…。もしできたとしても、その日一日、仕事が手につかないことでしょう(笑)。ウチは特に、二羽とも手に乗らないので、捕まえるだけでも身の細る思いです…。

--------------------------------------------------------------------------------

[ ちいちゃんママ ] [2008/02/25 20:31]
(●゚ θ ゚) 父さん、こんにちは。
水耕栽培で大根に花が咲くまで育つなんて、知りませんでした!動物にも植物にもお優しい気持ちで接していらっしゃるんですね。わたしも、姫と暮らすようになってから、がさつで、ぶっきらぼうな性格が少しは丸くなったように思います。
ひなちゅんタンは、爪が伸びないなんて、これもビックリです。ウチはあの魔の儀式を1週間前に無事敢行致しました。出勤前に、寝起きを狙って行いましたが、私も1日中気分が重かったです。1度爪が伸びすぎて、レースのカーテンにしがみついたものの、ひっかかってしまい、まっ逆さまに宙づりになっていた事が教訓となり、以来定期的に切っています。私が事故現場をみていなかったら、と思うと本当にぞっとします。お互い心を鬼にして、事故防止のためにも欠かさずに実行しましょうね。

--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。