六義園のちゅんたち

FI2621400_1E.jpgええ…皆さんご無沙汰して申しわけないです。

ちゅんすけもひなちゅんも、お陰さまで元気なのですが、ひなちゅんが極端なカメラ嫌いになってしまい、カメラに手を掛けただけで、泣き叫んで飛び回る始末…(泣)。以来、ロクに写真を撮っていませんので、以前撮影した、外ちゅんの写真をご覧に入れます。

ちゅんすけの里親となって以来、街で見かけるスズメさんにも、平静な気持ちでおられなくなった(笑)我々夫婦ですが、先日お散歩に行った、文京区の六義園では、人なれしたちゅんたちに会うことができました。




FI2621400_2E.jpg山あり橋ありの、素晴らしいお庭を散策したあと、茶店でうどん注文、さっそく食べようと、腰を掛けたら…。

何羽かの若ちゅんが、茶店の中にまでチョンチョンと入ってくるではありませんか! うどんを作っていた茶店のおばさんが、「ほら、おいで~」と餌を投げると、次々とちゅんたちが入ってきて、餌をねだります。
(●゚ θ ゚) 母と二人で、「うわ~、カワイイ~!」と大喜び。もう、うどんを食べるどころではありません! 必死の面持ちで(笑)うどんをちぎって、ちゅんたちにあげました。




FI2621400_3E.jpgううう、もう一枚と思ったのですが、ブレてしまって、うまく撮れなかった…。

六義園、実はカラスも多いのですが、茶店の周りはおばさんが気をつけているのか、スズメがたくさんおり、安心して遊んでいる風でした。







FI2621400_4E.jpg茶店では、「鯉の餌」と称して、お麩を売っていたので、買ってスズメたちにあげてみることに。

写真は、植込みの中でくつろいでいたちゅんたちですが、お麩をちぎって投げても、最初の二口、三口は食べたものの、あとは知らんぷり(笑)!
投げられたお麩を前に、みんなでこっちを睨み、「もっとおいしいモノをよこせ!」と、批難しているようです(笑)。

う~ん、ウチのちゅんども並みに、口がおごっていると見える…。食べ物にうるさいのは、スズメ全てに共通する性格なのでしょうか。

(写真は全て、18年10月15日撮影)

(●゚ θ ゚) 父

--------------------------------------------------------------------------------

[ (●゚ θ ゚) 父 ] [2006/11/19 21:43]
>ちいちゃんママさん
毎度どうもです! お陰さまでちゅんども、夫婦ともに元気です。(●゚ θ ゚) 母は、風邪でノドを悪くしていますが、だいぶ回復してきました。

六義園に行かれたのですか。巨大な箱庭みたいに、峠や入江、川まで表現されてていて、本当に素敵な庭園ですよね。外人観光客もたくさんいました。
ここはスズメファン(笑)の方には、お勧めの庭園です。うどんを売っている、東屋風の茶店はぜひ寄ってみてください。おばさんがかわいがっているせいか、ちゅんたちも警戒せずに、餌をねだりに来てくれます。


--------------------------------------------------------------------------------

[ ちいちゃんママ ] [2006/11/19 16:27]
(●゚ θ ゚) 父さん、(●゚ θ ゚) 母さん、そしてかわいい2羽のちゅんたん、コンニチハ!

秋も深まってまいりましたが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか?

六義園、随分前の事になりますが、1度訪れたことがごあります。都心に位置しているとは思えない程、世間の喧騒を忘れさせる、風光明媚な場所ですよね。それに1年中四季折々の光景が楽しめるステキな場所だと思います。

すずめタンたちがおねだりに来るなんて、萌え~(笑)!です。時として嫌われがちな鳥ですけれど茶店の方も愛でているなんて、何ともほのぼのとして癒されるお話です。鳥たちにとっても、都心のオアシスとなっているのでしょうね。

--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター