スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キジバト「ぽっぽこ」を保護する

0051.jpg今度はスズメならぬ、キジバトを拾ってしまったお話です。

4月14日の朝、家を出てみると、向かいのマンションのゴミ置き場に、一羽のキジバトがうずくまっていました。ちょっと様子がおかしかったので、近づいてみると、果たして逃げません。

よく見てみると、羽毛もガサガサで油気がなく、明らかに病鳥です。これは保護してやった方がよいだろうと、すぐ(●゚ θ ゚) 母に電話をして、箱を用意してもらいました。捕らえようとすると、少し逃げましたが、体力が衰えているのかすぐ捕まり、暴れることもしませんでした。 

家に連れ帰ってみると、猫にでも襲われたのか、胸にざっくりと袈裟切りされたような怪我をしており、かなり出血していました。消毒・止血をしてまず保温と、タオルで巻いた使い捨てカイロ2個と、ちゅんどものエサ、水を入れたお皿を与え、箱の中に入れてやりました。写真にも、タオルについた血が見えますね。

キジバトは、首をうずめてふくらまり、ほとんど動きません。一応、近所の獣医にも電話してみたのですが、「鳥インフルエンザが怖いから」という理由で、やはり診療拒否。仕方がない、うちで面倒を見てやろうと、しばらく様子を見てういると、エサを食べ始めたので一安心。箱を納戸に置いて薄暗くしてやり、とりあえず仕事に出かけました。
念のため、キジバトを触ったり、エサや水を換えた後は、必ず手や腕を洗っていたのは、言うまでもありません。


0052.jpg早めに仕事を終えて、帰りにスーパーで子犬用のカゴと、止まり木、ハトのエサを買って帰宅。

納戸を開けてみると、キジバトはおとなしくしており、エサもだいぶ減っていたので一安心。まだ生きる気力はあるようです。止まり木を切って新聞紙を引き、キジバトをカゴに移すと、しばらくして止まり木につかまり、時々エサを食べたり、水を飲んだりしています。よかった! 思ったより、聡い鳥のようです。後は怪我の治癒と、体力の回復を待つばかり。
カゴを玄関に置いて、病鳥のセオリーどおり暖かく、薄暗くしてやり、とにかく落ち着いて暮らせるようにしてやりました。

しばらく付き合うのだからと、例によって名前をつけることに。(●゚ θ ゚) 母は最初「きじきじ」などと呼んでいたのですが、そのうちなぜか「ぽっぽこ」「ぽー」などに変化するなど、現場に若干の混乱が(笑)。キジバトもいい迷惑だったことでしょう。

ちゅんどもは、キジバトが来たときから大いに意識して、特に好奇心旺盛なちゅんすけは、座敷の端まで見に来たり、果ては玄関まで何度も偵察飛行を試みるなど、気が気でない様子。特にエサを換えたり、ぽっぽこのカゴの前で話しかけたりすると、必ず飛んできたので、ヤキモチを焼いていたのかもしれません。


0053.jpg4~5日すると、体力が付いてきたのか、ぽっぽこは次第に首をうずめるのを止め、目つきも野鳥らしく爛々としてきました。羽づくろいをするところも見られ、時々外に出たそうにウロウロと動き回るなど、だいぶ元気になってきた様子。退院まで、もう一息ですね。

週末になると、バタバタと暴れたり、首をカゴの網目から突き出すまでになりました。スズメと違って、まったく鳴かずに態度だけで不満を表明するので、妙な感じでしたが、まあ、もうここまでくれば大丈夫でしょう。
放鳥するなら、天気のよい日がいいだろうと、昨日24日の朝、カゴをベランダに置いて、扉を開けてやりました。






0054.jpgぽっぽこはすぐにカゴの外へ出てきて、しばらく柵の縁に止まり、様子をうかがっているようでした。
「がんばれ! ぽっぽこ!」(●゚ θ ゚) 母と二人で、小さな声で応援すると、ぽっぽこはさあっと飛び立ち、少しふらついた飛び方ながら、向かいのマンションに留まりました。久々の外界に、細くなって緊張している様子です。

「ぽっぽこ、元気でいるんだよ!」と声をかけてやると、しばらく細くなっていたぽっぽこは、北の空に飛んでゆき、すぐに見えなくなってしまいました。

うちの周辺は、木が多いせいか、キジバトやスズメ、メジロなどの声が絶えないところです。今日も鳥たちの声に混じって、キジバトののどかな鳴き声が聞こえました。きっと、ぽっぽこが元気でやっている声に違いありますまい。

(●゚ θ ゚) 父
スポンサーサイト

ピンボケちゅんひな

毎度ご無沙汰しております。
久しぶりに、ちゅんすけとひなちゅんの写真が撮れましたので、近況報告も兼ねてご覧に入れます。
とは言うものの、ご存知のとおりひなちゅんが大のカメラ嫌いときては、遠くからズームで狙うしかありません。とても「撮れた」というレベルではなく、ボケボケ、ブレブレの写真ですが…ご勘弁ください。


0055.jpg窓際の、CDケースと地球儀のある本棚に、珍しく二人並んでぺったり座りをしながら、外を眺めているちゅんすけ(手前)とひなちゅん。

去る4月7日朝に撮ったものですが、なんとも不精ったらしい(笑)というか、スズメらしくないというか…このシーンを見たときは、可笑しくてたまりませんでした。まだ肌寒い朝、あまり窓には近寄りたくないし、それでも外は見たいし…といった気持ちが、伝わってくる一枚です。







0056.jpgパソコン机に座った(●゚ θ ゚) 母の腕に留まって、ふくふくとくつろぐちゅんすけと、机の上で遊ぶひなちゅん。ひなちゅんは、もう私がカメラを構えたのを発見しており、細くなって首を伸ばし、警戒態勢に入っています。

先週、一枚目写真の手前に見えるように、大きい本棚を寝室から、ちゅんどもの寝床のある居間に移動しました。といっても、フスマを挟んで表裏を動かしただけなのですが、もちろん、環境の変化に弱い、ちゅんどもにとっては大事件です。

我々も移動に当たっては、二人一緒に一日中いられる日曜を選び、早朝に移動を終えて、ちゅんどもが落ち着くように、できるだけ居間でじっとして、声をかけながらなだめてやりました。

おかげでパニックになることもなく、昨日からは、元通り本棚の上で遊んだり、場所争奪戦を演じられるまでになり、ホッとしたものです。我々がちゅんどもの行動パターンを読めるようになった、というのもあるのでしょうが、ちゅんどもも年齢を重ねて、それだけ逞しくなったということなのでしょうね。


(●゚ θ ゚) 父
プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。