スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゅんバッグとポーチ

FI2621429_1E.jpg以前のコメント欄で、ちゅんどもの写真が入った、バッグをご覧に入れるお約束をしておきながら、すっかり忘れておりました。
あまりよい写真がないのですが、年を越すのもどうかと思い、急ぎご覧に入れたく、この点ご勘弁いただきたいと思います。

きっかけは、(●゚ θ ゚) 母がご近所の奥さんに、愛犬の写真をプリントしたバッグを、見せていただいたことからです。

詳しく話をうかがってみると、「オーダープリントバッグ Comet Goods」というところに注文したとのこと。現物を見ると、縫製も丁寧でなかなか丈夫そう、壊れたら修理もしてくれるなど、応対も親切で安心できるとのことでした。

その日から(●゚ θ ゚) 母は「ちゅんのバッグを作ってもらうんだ!」と大騒ぎ(笑)。さっそくお店のサイトを開き、写真、デザイン、生地の色などを選び始め、あっという間にバッグとポーチを注文してしまい、あとは出来上がりを、指折り数えて待つばかりとなりました。



FI2621429_2E.jpgまあ、私も、ちゅんどものバッグを見たい気持ちはあるのですが、こういうものはえてして、独りよがりの「イタいモノ」になってしまいがち…。

デザインも、果たして、外出時に持って歩く(婦人用なので、もちろん持ち歩くのは(●゚ θ ゚) 母ですが)のに、差し支えないようなモノに仕上げてくれるのか…。

などなど、ちょっと不安がよぎったのですが…。写真を送った後、メールで送られてきた仕上がり予想図を一見すると、「オッ、なかなかイイ線行ってるなあ…」と身を乗り出し、現物が到着したときには、「これなら、もって歩いても恥ずかしくないな、さすがはプロの仕事だ!」と賞賛に(まあ、写真はともかく、ね)変わりました。

素人の写真を破綻なくレイアウトし、生地に「Chunsuke」「Hinachun」の文字を配したデザインセンスは、なかなかのものだと感じたのですが、皆さんはいかがご覧になったでしょうか。



FI2621429_3E.jpg写真の選択は、(●゚ θ ゚) 母に任せました。一枚を除いて、すでにこのブログでご覧に入れたものばかりです。新たに入れた一枚が、右の写真で、(●゚ θ ゚) 母いわく「ちゅんすけの優しい性格が、よく出ている一番好きな写真」なんだそうです。(18年10月に撮ったもの)

というわけで、ちゅんすけ・ひなちゅんのオリジナルバッグ/ポーチが、わが家のちゅんグッズに仲間入りすることと相成りました。
まあ、あんまり人に自慢して歩くようなものではないので、ちょっとハラハラする部分もありますが、幸い(?)、「汚したりしたらかわいそうだ」と、大事に大事に使っているようですから、心配も杞憂に終わりそうです…。

皆様、今年一年お世話になり、ありがとうございました。皆様に素敵な平成21年が訪れますよう、二人と二羽でお祈り申し上げます。来年もよろしくお願いいたします。

(●゚ θ ゚) 父
(●゚ θ ゚) 母
ちゅんすけ
ひなちゅん

続きを読む

スポンサーサイト

ちゅんすけの新領土

FI2621428_1E.jpg(●゚ θ ゚) 母が台所に立ち、私がテーブルで書き物をしていると、例によってちゅんすけが冷蔵庫の上に飛来し、不満げな顔でこちらを見つめていました。

しびれを切らしたように、何回か我々の頭の上を抗議飛行して、「早く居間に来るでチュン!」との要求も空しく、人間どもが動かないと見るや、いつもと違った動きをし始めて、驚かされました。写真左に見える、背の高い食器棚の上に乗りたげな風の、ジャンプ飛行をし始めたのです。




FI2621428_2E.jpg冷蔵庫と食器棚のある一角は、上に天袋(押入れ)があるので、ここだけ天井が低くなっています。食器棚と天井の間は、ちゅんすけが背伸びしたら、届くぐらいのすき間しかありません。

ここに着地するのは、飛び方の巧みなちゅんすけでも、さすがに難しいだろう…と思っていたら、何度かホバリングして偵察したあと、見事に入り込むことに成功!
ホソーくなって緊張しつつも、得意げなちゅんすけに、「ちゅんすけ、えらいね!」「お利口さんだね!」と、親バカ二人は手放しで絶賛です。

冷蔵庫の上からでは、テーブルに向かう私は監視(笑)できても、水仕事をする台所の(●゚ θ ゚) 母は、食器棚の影になって見えないので、何とか我々二人を、同時に視界に収められるポジションが欲しかったに違いありません。
姿勢を低くして、恐る恐る、棚の左端に出て(●゚ θ ゚) 母を見下ろせることを確認したちゅんすけ、やはり慣れない場所は怖いのでしょう、この後すぐに、冷蔵庫の上に戻ってしまいました。

最近は、ひなちゅんにしつこくされた(冷蔵庫の上は、ひなちゅんも好きな場所です)ときの避難所としても利用しており、次第に新領土としての価値が高まっている模様。
う~む、拭き掃除をしなければならない場所が、また増えてしまった…。でもいいんです、かわいいから(笑)。

(20年11月24日撮影)

(●゚ θ ゚) 父

続きを読む

外ちゅん写真集

今年も残すところ4日となりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
私は昨日、27日が仕事納めでしたが、この一月は本当に慌しく、ちゅんどもとも、ろくに遊んでやれない毎日でした。
例によって、ウチのちゅんどもにはカメラを向けづらいため、まずはこの数ヶ月に撮った、外ちゅんの写真を何枚かご覧に入れます。

FI2621427_1E.jpg(●゚ θ ゚) 母と、江東区は夢の島の公園でベンチに座っていたら、一羽のスズメが、もの欲しそうな顔で近づいてきました。(●゚ θ ゚) 母の食べている、モナカアイスが気になったようです。

さっそく、モナカの皮をちぎってやると、おなかが空いていたのか、ガツガツとむさぼり食べていました。お友達はいないのかなあ…。
(20年9月6日撮影)





FI2621427_2E.jpgこちらは、千代田区の街中にある、某公園。
お昼時とあって、お弁当を広げる人が多く、おこぼれにありつこうと、人懐こいハトやスズメが、足元をうろうろしています。

ちょうどハト好きのおじさんがやって来て、ベンチのそばに餌をまきました。
スズメたちも、ハト君の散らかした餌を拾おうと、木の上から飛来してきました。
(以下三枚、20年10月12日撮影)




FI2621427_3E.jpgおなかが一杯になったのか、柵の縄や、茂みの影で一休み。

羽づくろいをしたり、ふくらんだりとのんびりムードです。
「おなかがふくれて、眠くなったチュン」







FI2621427_4E.jpg公園の真ん中でも、ハトの後をつけるようにして、チョンチョンと歩くスズメ君の姿が。

「ハトは目が悪いから、ついて行けば、おこぼれが拾えそうだチュン!」





(●゚ θ ゚) 父


続きを読む

プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。