スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゅんすけ、「爪カリカリ」習得?

2ヶ月ぶりのご無沙汰です…。
お陰さまで、ちゅんすけ、ひなちゅんは二羽とも元気で、相変わらず我が物顔で飛び回っておりますです、ハイ。

彼らも春めいた最近の気候に、血が騒ぐのでしょうか…。
ちゃぶ台の下に数枚置いてある、「ぶぶぶ」用のティッシュを、やたらと千切ったり、引きずり出して、くわえたまま飛び回ったり(さすがに丸ごと一枚は重たい模様で、すぐ放り出しますが…)、まれに、短冊に上手に切り出せると、それをうらやんだひなちゅんが、「カカカカ!」とクチバシを鳴らしながら攻めてきて、お決まりの取り合いで大喧嘩…。本当に賑やかです(笑)。

最近のわが家の話題は、ちゅんすけがついに、ひなちゅんのクセである「爪カリカリ」を習得(いや、伝染ですか?)、もしかしたら、あの「爪切り地獄」を、再現しなくて済むかも…、というお話です。

ええ、お察しのとおり、いまだにちゅんすけの爪切りをしてやれない、不肖の親でございます(泣)が…。
最近数回ほど、ひなちゅんの仕草そのままに、ちゅんすけが爪をカリカリと、根元から先まで転がすように、軽く噛むようにして、お手入れしているのを発見!
そういえば、最近は布団の上で引っかかったり(つまづきはしませんが)しているのを見ないなあ、と思い当たり、しばらく経過を見ている最中なのです。

指や爪を見ると、長く伸びているのは真ん中だけで、両脇やかかと(?)は、大丈夫そうです。どうやら、お手入れの仕方を、自分なりに確立したのかも知れません。

ちゅんすけは、迎えた当初から、足が少し弱かったのか、内股のような形になってしまっており、爪が内側に向かって、横倒しに伸びるなど、少々奇形と思われる部分がありました。
とは言っても、生活には支障のない程度で、餌に気を遣ったせいもあってか、今ではそのこともほとんど気づかないくらいなのですが…。爪が伸びてくると、本棚の角などがちょっとつかみづらそうで、本人は涼しい顔なのですけれど、心配ではありました。

もちろん、少しでも危ないな、と感じたら、心を鬼にして(それも怪しいですが)フンづかまえ、爪切りを敢行しようとは思っているものの、ちゅんすけにとって巨大なストレスになることは、やはりできれば避けたいので…。
この調子で、自分でお手入れできるようになれば、ベストなのですが。


FI2621421_2E.jpgというわけで、最近撮ったちゅんすけの写真を。
10枚近く撮った割には、デジカメの設定が間違えており、どれもピンボケ(涙)。
この写真は、中でも出来のいい方なのです…。

台所のテーブルに座っていたら、例によって冷蔵庫の上に来て、「何で座敷に来て遊ばないでチュン?」と、なじるような顔をしていたちゅんすけ…。
私がしばらく動かないでいたら、根負けして眠くなってきたのか、おなかと背中のやわらかい羽毛が、翼の上にハミ出してきて、グレーのボールちゅん状態になり、目もトロンとしてきました(笑)。

わが家では、この状態のちゅんどもを、「ハミ出しチュン」とか「玉になる」と呼んでいます。
「ちゅんすけ、玉になったの、おねむだね…」と、声をかけると、首をくるんと肩に突っ込んで、本格的にお昼寝してしまいました。


(20年3月1日撮影)

(●゚ θ ゚) 父

【お知らせ】スパムコメントを防ぐため、本日より、コメントを承認制とさせていただきます。いただいたコメントは、こちらが承認するまで表示されませんが、従来どおり、お気軽にコメントをいただければ幸いです。お手数ですが、悪しからずご了承ください…。

【5月9日追記】画像認証で、スパムコメントはほぼ完全に防げるようですので、承認制を解除します。コメントを下さった皆様、お手数をおかけしました…。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。