スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐとやも終わり

FI2621410_1E.jpg久しぶりに、ちゅんすけの写真が撮れましたので、ご覧に入れますね。

例によって、遠くから写しているにもかかわらず、ひなちゅんは大騒ぎ。
写真でも、逃げる途中のひなちゅんが、まるで貼りついた蛾(笑)のような格好で、左の角に写っているのが見えます。

ちゅんすけは、落ち着いたものですが、ひなちゅんが過剰に騒ぐので、すこし細くなっているようです。




FI2621410_2E.jpgお気に入りのガラス器の上で。やはり、ひなちゅんが飛び回っているので、ちょっと構えた表情です。

周りに散乱するウンチは、どうかお気になさらず…(笑)。
ちゅんすけのとやが始まった一週間後、ひなちゅんもとやになってしまい、羽を生やすのにエネルギーがいるせいか、二人とも食べること食べること! 当然、出すものも多くなって…(笑)。
お気に入りの場所である、ガラスケースの周囲は、毎日雑巾で拭いているのですが、1日経つとこのありさまです。

今年のとやは、鈍感な(笑)ひなちゅんも、だいぶイライラさせられたようで、やたらと凶暴になり、ちゅんすけの寝場所である仁丹ケースを、ついに強奪。
ちゅんすけは、連日奪回を試みるのですが、おとなしい性格が災いしてなかなか果たせず、仕方なく、カーテンレールの隅っこで不遇を囲っています。

戦いに負けて、布団の上に来て我々を見上げ、悲しそうな顔で訴えかけてくるちゅんすけに、
「ごめんね、でもおまえはお兄ちゃんなんだから、我慢しなければいけないよ」
「ひなちゅんは飽きっぽいから、また仁丹でネンネできるよ」
などと、話しかけて慰めてやる毎日。
ちゅんすけは、じっと我々の顔を見て、話を聞いている風で、またその瞳が物悲しく、哀れで泣けてきてしまうのです…(泣笑)。

抜け羽も少なくなり、とやもなんとか終わりに近づいたようですが、寝場所の問題はまだ続きそうで、頭が痛いですわ…。

(19年6月20日撮影)

(●゚ θ ゚) 父


続きを読む

スポンサーサイト

You Tube ちゅんちゅん動画集

前回、ちいちゃんママさんに「おしゃべりスズメ」の動画が、You Tubeにあることを教えていただきましたが、検索してみると、スズメを写した動画が結構あることに気づきました。
ご存知の方も多いと思いますが、せっかくですので、以下にいくつかピックアップしてみますね。

「オハヨー」 しゃべるスズメ…ニュースで放映された、例の衝撃映像(笑)。
My sparrow…ひたすらヒナに給餌しているシーンが続きますが、カワイイです。
熱唱すずめ…健康そうな成鳥ちゅんが、棚に留まってピチュピチュとおしゃべり。
T[H]UNDERBIRD / つんダーバード…笑った! でもよく馴れてますね。
雀とPC…パソコンの前でちょこまか遊ぶスズメさん。時間長めです。
すず男の失恋…これは外ちゅんですが、セリフのつけ方が絶妙です!傑作!
Old man feeding sparrows out of his hand…セントラルパークで、おじいさんの手から直接餌を食べるスズメ。ハトはやんわり追い払うあたりが微笑ましいです。
Baby Sparrows being feed by parents, watch them grow!…これも海外モノ。スズメ夫婦が、一生懸命ヒナに虫を与えるシーン。ヒナの成長ぶりが楽しめます。

私が一番好きなのは、短い時間でよくまとめられ、かつ、スズメさんの表情もかわいらしい「つんダーバード」です。
他にも、面白いスズメ動画があったら、ぜひ教えてくださいね。


ひなちゅん思い出写真集
今回は、ひなちゅんのヒナ時代の写真を…。

FI2621409_2E.jpgウチに迎えた翌日、ミルワームのお皿を見つめるひなちゅん。
「お腹すいたチュン…」

(18年7月13日撮影)








FI2621409_3E.jpg初水浴びの後、座椅子で「ぶぶぶ」をするひなちゅん。

水浴びしてボヘボヘになると、お尻やお腹の一部が赤はだかなのが見え、ちょっと痛々しいですね。
生き延びてくれるのか、心配だったころです。もっとも、今から考えてみると、本人はさほど気にしていなかったような…(笑)。

(18年7月15日撮影)






FI2621409_4E.jpg大好きなオモチャ、ティッシュを間に対峙(?)する、ちゅんすけとひなちゅん。

ティッシュをビリビリにしたり、興奮してそこらを引きずり回したりと大暴れ。時にはティッシュの取り合いになり、大ゲンカをすることもありました。

(18年8月2日撮影)



【6/18 追記でチュン】コメント欄で、ちいちゃんママさんからご紹介いただいた、2件の動画を追加しました。ありがとうございました。

(●゚ θ ゚) 父

続きを読む

ちゅんすけが来て、もうすぐ3年目か…

毎度のごとく、すんごくご無沙汰で申しわけないです…。
いや~、二人とも…特に(●゚ θ ゚) 母が、この2ヶ月えらく忙しかったもので…。ちゅんどもの顔を見られるのは、毎日の朝食時のみ、という状態が、しばらく続いていたのです。

お陰さまで、ちゅんすけ、ひなちゅんとも、相変わらず時々ケンカしながら(笑)も、健康そのもの、とても元気に暮らしています。

ふと気付いてみると、ちゅんすけを迎えて、来月で3年目に突入…ひなちゅんを迎えてからも、もう1年です。月日の経つのは早いものよと、今さらながら遠い目に(笑)。我々の不慣れな世話にもかかわらず、大過なく、健康に暮らさせてやれたのは、何よりでした。

以下、いくつか最近の気になった話題などを…。

しゃべるスズメの次は?
ご覧になった方も多いと思いますが、先月半ば、朝のニュース(フジとTBSだったような記憶が…)を見ていたら、おばあさんと暮らしている、おしゃべりのできるスズメちゃんが出ていて、画面の前に夫婦で釘付けになりました!(一穂さんと、おチュンたんのブログ『ご気楽すずめ チュンの生活』2007年5月18日の日記参照)
お話できることもさることながら、カメラにも動じないその肝の太さ(?)にも、びっくりさせられたものです。

後日、実家の母親にこの話をしたら、「あの何日か後のニュースで、飼われてから19年(聞き違いかも知れません)も生きているスズメのこともやっていたけど、見た?」と言われ、またビックリ。小鳥としては、超高齢と言っていい歳ですが、見たところ普通のスズメと変わらず、元気そうに見えた、とのことでした。
う~ん、そんなに長生きするちゅんもいるんですね…。この番組、見られた方いますか?

ちゅんすけ、超弩級とや来襲(笑)
今週に入ってから、ちゅんすけが本格的なとやに突入しました。
仁丹ケースなどのある、ちゅんどものくつろぎスポットの下は、抜けた羽だらけ。朝起きると、ヂュンヂュンと苦しそうに鳴くちゅんすけを気遣いながら、抜け羽を拾い集め、空き缶にコレクションするのが、最近の私の日課です(笑)。

ちゅんすけは特異体質なのか、幼少時の我々の世話が悪かったのか、年に3~4回のとやに見舞われます。見ていると、とやにも大小があるようで、数日に渡ってゴッソリ抜けるときと、少ししか抜けずに終わってしまうときがありました。
今回はまれに見る超弩級(笑)とや。クチバシで羽を抜くのに失敗したときなど、ヂィヂィ鳴きながらクルクル回ることをくり返し、見ているこちらが胃が痛くなるほどです…。

しかも、こういうときに限って、脱皮した白いミルワームが全然できてくれない…(泣)。ミルワームの容器を開けると、目ざとく飛んできておねだりするちゅんすけに、「白いムシないんだよ、ごめんね!」と詫びる毎日…。
タンパク質を必要とする時期なのに、タイミングの悪さを恨むばかりです。

ひなちゅんの右足に傷が!
4日前、(●゚ θ ゚) 母に「ひなちゅんが足にケガしてる!」と言われ、慌ててひなちゅんの足を見ると、右足の脛(?)真中あたり外側に、ポツリと小さな血の固まりが。
何しろ本人は、痛そうなそぶりも見せず、盛んに飛びまわっては餌を食べ、水浴びをし、羽づくろいにいそしんでいるという、まったく日常と変わらない状態のため、いつの間に、どこでケガをしたのか、わかりませんでした。

羽づくろいしているひなちゅんを、しばらく観察して見たところ、特に足を気にしたり、クチバシで傷を構ったりしている様子はないので、薬を塗るほどのことはないようだ、と判断。その後、毎日経過を観察していたら、次第にかさぶたが小さくなってきたので、まずは一安心です。

ちゅんすけを迎えて以来、ケガしているのを見たのは初めてなので、肝を冷やしましたが、夫婦共通の感想は「ケガしたのが、ひなちゅんで良かった!」(ゴメンネ)ということ(笑)。
ひなちゅんは、とやでゴッソリ羽が抜けても、まったく意に介さない鈍感さ(笑)なのに比べ、ちゅんすけは神経質で、とやで小さな羽が一枚抜けても、悲痛な声を出しつつ、痛そうに跳ね回り、果ては疲れて、ぐったりしてしまうほどだからです。
(●゚ θ ゚) 母は、「鈍感なひなちゅんで良かったよ!」と、ヒドイ(笑)ことを繰り返していますが、当のひなちゅんは、もちろん涼しい顔です(笑)。
でも、大したことなくて本当に良かったです!


ちゅんすけ思い出写真集
例によって、最近の写真がないので、過去のアルバムから…。

FI2621408_2E.jpgヒナのときから大好きなお布団。
まだ目もまん丸で、クチバシも短く、ヒナらしい顔つきです。
(17年8月7日撮影)







FI2621408_3E.jpg練り餌がついた、くわんくわんのクチバシのままで畳をお散歩。
(17年8月7日撮影)









FI2621408_4E.jpgえ~、汚い足の裏を見せて、ゴメンナサイ!
座椅子の上にあぐらをかいていると、ひざの下にできた空間にちゅんすけが入ってきて、ご覧のようにべったり座り込んでくつろぐのが、大好きな時期がありました…。

手の平に乗るのが嫌いでも、やはり甘えたい気持ちはあるようで、体温の感じられるところを探しては、よくもぐり込んでいました。
(17年9月4日撮影)

(●゚ θ ゚) 父



続きを読む

プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。