スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のちゅんども

FI2621407_1E.jpg本当にお久しぶりです…。
いつも見に来てくださっている方々、申しわけありませんでした(泣)。夫婦ともに身辺が慌しく、我に返ったら一月以上が経過、桜も散る季節となってしまいました。
お陰さまで、ちゅんすけ、ひなちゅんともに、毛づやもよく、元気で過ごしています。

というわけで、先ほど撮ったちゅんどもの写真をお目にかけます。
例によって、カメラ嫌いのひなちゅんを驚かさないように、遠くから狙ったため、自慢の7.1倍ズームでも、粒子が荒い写真しか撮れないのが痛いところ…。
手前がちゅんすけ、箱の縁にクチバシをすりつけて、「カンカンカン!」と音をさせている最中です。奥でこわごわこちらを見ているのが、言うまでもなくひなちゅん(笑)。

この直後、寝場所争いで、しばらく激しい空中戦(笑)ののち、ようやく二人ともご就寝。ちゅんすけが確保した寝場所を見て、「隣の芝生は青く見える」性格(笑)のひなちゅんが、「ここで寝たいチュン!」とだだをこね始めるため、ちゅんすけは毎晩防衛戦に臨まなければならないのです。
ちなみに、最近の寝場所は、ちゅんすけは写真にも写っている、仁丹ケースの中、ひなちゅんは客車のオルゴールの下です。

また、数ヶ月前から、ウチで食べる野菜を、宅配の無農薬野菜に変えたところ、思わぬ副産物がありました。

ダイコンが来ると、早速水栽培にして、ちゅんどもに与えるのですが、以前よりも長時間、ダイコンの周りにいるようになり、葉もちぎってよく食べているので、「無農薬にしたせいだろう、よかったよかった!」と、単純に喜んでいました。
ところが、よく観察したところ、葉っぱの裏に虫が卵を産みつけていて、ちゅんどもは、卵からかえった小さな虫を探していることが判明。寒い時は気づかなかったのですが、気温が上がって、虫が活動し始めたのですね。

成虫になった小さな羽虫を、必死で追いかけるシーンも見られ、ちゅんどもも嬉しそうです。あ、「部屋の中が羽虫だらけなのでは?」といった心配はご無用。ちゅんどもが、幼虫のうちに、ほとんど食べてしまったようで、僅かな成虫も瞬殺(笑)してしまうのですから…。

もうひとつ、気になることが…。
ちゅんすけを迎えた時にも、大変お世話になった「すずめSOS」が、昨日拝見したら、掲示板を閉じられており、相談はメールで受け付ける旨、トップに表示されていました。

皆さんご存知のとおり、管理人さんはもとより、各地の里親さんたちまでが、常駐してきめ細かな対応をしておられ、その情熱には頭が下がるばかりでした。ちゅんすけがなんとか育ってからも、さまざまなケースが報告される掲示板は、大変勉強になるので、よく拝見していたのですが…。閉鎖されるとは、よほどのご事情があったのでしょう。不幸な事件でないことを、祈るばかりです。

感動的なお話の投稿も、いくつかあったので、このたびの閉鎖は、本当に残念です。過去ログだけでも、IDの取得など、簡単な手続きで見られるようにするわけには、いかないものでしょうか。

【4/11 追記でチュン】
「すずめSOS」の掲示板ですが、過去ログは閲覧できます。また、質問事項をすべて記入してもらうために、掲示板からメールフォームに切り替えたとのことで、事故があったわけではなさそうなので、ホッとしました。

(●゚ θ ゚) 父


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。