スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛が抜けるでチュン

FI2621406_1E.jpgちゅんすけの近影をご覧にいれます。こちらも、前回のひなちゅんの写真と同じ、2月10日に撮ったものです。

最近の、冬らしからぬ暖かさのせいでしょうか、今月初めより、なんと、ちゅんすけがとやに突入してしまいました。暖冬恐るべし!
ごっそりと抜けることはなく、少しづつ、さみだれ式に抜けるのですが、神経質なちゅんすけにとっては、かなりのストレスで、イラついた様子で盛んに羽づくろいをし、羽毛が抜ける瞬間は、ヂイヂイと痛そうな声で鳴いているときもあり、見ているこちらも気が気ではありません。写真のちゅんすけも、ちょっとボサボサしていますね。

幸い、半月ほど経った今では、抜けるペースも落ち、目立っていたストロー状の羽毛も見えなくなり、もとどおりの模様になってきました。

暖冬の影響はちゅんすけのみならず、我が家の冬の風物詩(笑)である、水栽培のダイコンにも及んでいます。暖かいせいで、茎がすぐにしおれてしまい、実も痛みやすく、一週間と持たないことが多くなってしまいました。

今一つの心配事…いや、こっちの方がメインの心配かな。今月に入ってから、我々の住んでいる建物が、向こう1ヶ月にわたる、外壁や階段の塗り替え工事に入ってしまったのです。
窓の外に足場が組まれ、職人さんが上り下りするなど、屋外環境の激変に、当然ちゅんどもはおびえており、数日前まで、腕を差し出して「ちゅんすけ、お外見るかい?」と呼んでも、近づきませんでした。一月近くたった今では、足場があるのにも慣れてきましたが…。

我々も気をつけて、色々と準備はしてやってから出かけているのですが、ちゅんどもも以前に比べ、かなり肝が座ってきており、家の環境に変化がないことをさとったのか、パニックになることがなかったのは、幸いでした。


FI2621406_2E.jpgこちらは、本棚の上(背後は、ひなちゅんが『モモ肉』をするケース)で、少し細くなっているちゅんすけ。写ってはいませんが、ひなちゅんがカメラを嫌がり、飛びまわって猛抗議しているので、つられて緊張しているのです。

今朝は、ちゅんすけの好物である、ミルワームのさなぎが大豊作でしたので、お皿の上に10個ほど置いてから家を出ました。ちょっと多すぎるかな、とも思ったのですが、まだ抜け毛が続いているし、タンパク質をとったほうがいいだろう、と判断しました。
何個食べたかな…。

ちなみにひなちゅんは、とやの気配はみじんもなく、相変わらずの馬力過剰な日々を送っています。ちゅんすけの抜けた羽が、フワ~ッと落ちていくと、その航跡を「あれな~に?」といった感じで、棚のフチにぶら下がり、首を伸ばして、じぃっと眺めていたり…。

そういえばおととい、ひなちゅんに、左手の傷の跡を、思い切り噛まれて、血が出たっけ…(泣)。力の加減を知らない、わんぱくひなちゅんです。たくましく育ってくれて、お父さんホントに嬉しいよ(笑)。

(●゚ θ ゚) 父


続きを読む

スポンサーサイト

こんなに大きくなりました

FI2621405_1E.jpg本日、ひなちゅんの姿を、久しぶりに撮影することに成功しました!
さっそく、皆さんにご覧に入れたいと思います。成鳥になってからの写真は、これが初めてですね。

ご存知のように、カメラが大嫌いなひなちゅんですから、ストレスを与えないように細心の注意を払い、ふすまの影からズームで狙ったのですが…。
さっきまで羽づくろいに集中していたにもかかわらず、すぐに察知されて、早くも逃げ腰(笑)! ゴメンネ、ひなちゅん…。

幼鳥時の好物はミルワームだったせいか、痩せたチビ助だったのがウソのようにもりもり成長して、またたくまにちゅんすけの身長を、追い越してしまいました。

ちゅんすけより足が長く、尾羽も長いので、スマートではあるのですが…。飛び方はえらくガサツ(笑)で、バサバサバサ、ドスン! といった感じで畳に降りてきたり、勢い余って、着陸地点を過ぎてから旋回して戻り、ホバリングしてようやく着陸、なんてことがよくあります。
飲み食いも乱暴といっていいほどで、餌の散らかし方もはんぱではありません。とにかく何事も力まかせ、いつまでたっても子供っぽさが抜けません。(それがまた、可愛いのですがネ…)
飛び方など、身のこなしが優雅(親バカ?)で、細やかな点では、やはり長男であるちゅんすけには、かなわないようですね!

ちょっと追記。
ひなちゅんはどういうわけだか、写真にも写っているケースの黒い部分に、大股開き(笑)でべったり貼りつくのが好きで、しばらくその姿勢を保ちながら、自分の足をお手入れしたりして、過ごしています。
ちょっと説明しにくいのですが、黒い部分のてっぺんに左足をかけてぶら下がり、右足は下の段のところに掛けるという、妙な姿勢です。なんだか、クモが壁に貼りついているようでもあります。

貼りつくと、ひなちゅんの長い足が、両方ともすっかり見えて、その形が、なんだかフライドチキンの腿肉(笑)を連想させて、以来わが家では、ひなちゅんのこのポーズを「モモ肉」と呼ぶようになりました。

「ひなちゅんは?」
「ん、モモ肉してる!」
なんていうやりとりも…(笑)。

(●゚ θ ゚) 父


続きを読む

プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。