スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お時計さん

FI2621396_0E.jpgウチに写真のような、漆塗り風にこしらえた、いただきものの置時計があるのですが、ちゅんすけはヒナのころから、なぜかこの時計が好きでした。

もともと、ガラスのように、ぴかぴか光るものが気になる性格なので、光沢感から気に入ったのだと思いますが、ヒナのころは、てっぺんにとまろうとしても、つるつる滑ってうまく乗ることができません。
もっぱら表面をコツコツつついて遊んだり(濡れているように見えるようです)、影に隠れてお昼寝したりして、「お時計さん」とのスキンシップを楽しんでいたようです。

(17年9月24日撮影)



FI2621396_1E.jpgちゅんすけは凝り性で、ひとつの遊びを思いつくと、毎日のように熱中しますが、飽きるのも早いので、その後しばらく、この時計からは遠ざかっていました。

それが最近、マイブーム(笑)に変化があったらしく、また「お時計さん」と遊ぼうという気になったようで、時計の周りで羽づくろいするなど、くつろぐ姿が見られるようになりました。
以前と大いに違うのは、写真のように、堂々と「お時計さん」のてっぺんにとまれるようになったこと。
不安定な感じは全くなく、時計の頂点を両の足でしっかりつかんで、それはもう得意気な顔をします。
ピョンと飛び上がっての方向転換も、軽くこなすところを見ていると、足の力もずいぶん強くなったのだなあ…と、ここでもちゅんすけの成長ぶりを、実感させられました。

(18年6月4日撮影)

(●゚ θ ゚) 父


★某スレではすでに有名ですが…「ちゅじゅめの絵本」をリンクさせていただきました。北国の野鳥愛好家さんが作られた、スズメはじめ、かわいい野鳥が出演するとても楽しいサイト。毎回のフォトジェニック投票も、結果が楽しみです。ぜひご覧下さいね。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。