スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜とちゅんすけ

FI2437495_0E.jpg皆様、ごぶさたしてます。
東京では、桜がほぼ満開となり、週末はお花見でもと思っていたら、この寒波と強風ですから…がっかりされた方も多いのではないでしょうか。

一昨日のことです。帰り道に、近所の桜の木の下を通ったら、キレイな桜の花が、まるごと落ちていました。
おたひよさんが、ごぶたんに桜の花をあげていたのを思い出し、ちゅんすけに与えたらどんな顔をするか見てみたくなり、花をこわさないように持ち帰って、ちゅんすけの飲み水を入れている、ウズラ柄の小皿に挿してみました。




FI2437495_1E.jpg桜を生まれて初めて見たちゅんすけは、細くなって、恐る恐るといった感じで、小皿の周りから遠巻きに偵察し始めました。

「オッ?飛んで逃げずに、近づいて来たから大丈夫かな?」
(●゚ θ ゚) 母と二人で、刺激しないよう、静かにしながら見守っていたら…いつもの臆病ちゅんに逆戻り、ガラスケースの上に飛んでいって、うらめしそうに小皿を眺めていました。

もっとも、翌朝になると慣れたのか、花びらを一枚づつちぎってくわえ、カモイの上に持っていってから、モムモムと噛んでいました。どうやら気に入ってくれたようです。生まれて初めての桜の味は、どうだったんでしょうね。
(18年3月28日撮影)


FI2437495_2E.jpg近況報告を…。

少し暖かくなってから、いつもに増して羽づくろいを頻繁にするようになり、合計10本くらいでしょうか、抜け羽が見られるようになりました。
ちょっと早すぎるけど、とや(換羽期)が始まったのかな?そういえば全体的にボサボサしてきたし…と思っていたら、ここ数日間は抜け羽がなく、ホッとしています。
以前、尾羽が抜けてウズラみたいになってから、オトナの模様になるまで、かなり時間がかかったので、他のスズメさんより、体質的にとやの時期が長いのかも知れませんね。

水浴びは相変わらず好きで、この間は、ダイコンのお皿で水浴びを敢行(笑)、周りの畳をビシャビシャにしていました…。
すずたんママさんに教えていただいた、クラウスソフトフードも良く食べており、そのせいか、飛び方もますます力強くなった気が。おかげさまで、まずは健康な毎日を送っています。

(●゚ θ ゚) 父

続きを読む

スポンサーサイト

おねむでチュン

FI2405032_0E.jpg(●゚ θ ゚) 母が布団を敷くと、ちゅんすけは嬉しそうに布団にダイブしてきて、おなじみの「ぶぶぶ」をして遊びます。

昨日はしばらく遊ぶと、急激に眠くなったらしく、すき間に挟まって動かなくなり、目をトロンとさせていました。
早く寝場所に入って、本格的に眠ればよさそうなものですが、就寝前(我々ではなく、ちゅんすけの)のひと時は、こうして遊んでやらないと、寝場所に入りません。
単に、甘えん坊なのですね。




FI2405032_1E.jpgしつこくて恐縮ですが、ダイコン兄弟の近況です。

ありがたいことに、実家の母が、ちゅんすけのためにとっておいてくれた、弟分が新たに仲間入り、ついに三兄弟に!(笑)
しかし、ちゅんすけにとっては、一番のお気に入りは相変わらず左の長男(笑)なのがなんとも…。

茎はちゅんすけの攻撃で裂け、実が痛みまくっているにもかかわらず、細々と数枚の葉を生やし続けている忠臣ぶり(?)。
先日、傷んだものを食べておなかを壊してもと思い、長男ダイコンを捨てようとしたら、ちゅんすけが必死の面持ちで飛んできて、私が持って行こうとするダイコンに、追いすがってくるんですから…捨てるに捨てられません。

もはや味がいいとかの次元ではなく、友情が芽生えているのでしょうか?

(●゚ θ ゚) 父

続きを読む

ヒヨコの缶

FI2404917_0E.jpgアンティーク好きな(●゚ θ ゚) 母が買って来た、昔の石鹸が入っていた缶です。

「Bon Ami」と商品名がフランス語だったので、フランス製かと思ったら、側面の説明は英語でした。アメリカ製かな?
フランス語はよくわかりませんが、「よき友人」と直訳するより、「なかよし」くらいの意味にしておいた方が、可愛らしい絵柄にふさわしい気がしますね。
ヒヨコのむくむく、ふわふわ感と、寄り添うなかよし具合がよく表現されていて、なんともかわいらしく、PCの横にある棚の上に置いて、毎日眺めています。

子供のころ、つい縁日でヒヨコを買って来てしまい、よく親に叱られたっけなあ…(遠い目)。
きざんだ菜っ葉と、ぬかを練りあわせた餌を与えていると、最初の可憐さはどこへやら、アッというまに巨大な雄鶏に成長!夜店で売っているヒヨコは、雌を選別して養鶏場に送った後の余り?ですから、まず100パーセント雄鶏です。
街中の実家では鳴き声が近所迷惑になるので、泣く泣くお別れして、地方の知人宅に預けられる、ということを何回か繰り返した記憶が(笑)。

(●゚ θ ゚) 父

ボクは悪くないチュン?

FI2387584_0E.jpg…といった風情ですが、いたずらを叱られてカーテンレールの上に逃げたわけではなく、単にここもお気に入りの場所、というだけです…。
窓を開けておくと、2本のレールの間から、まるで股のぞきのようにして、網戸越しの外を眺めているときもあります。

ヒナのころは、上に見えるエアコンのスリットに、やたらと入りたがり、怪我でもされたら大変と、目が離せず困ったものでした。
まあ、当時のちゅんすけにしてみれば、我々も信用に足りる相手か分からず、部屋にはろくに身を隠す場所もないわで、不安でたまらなかったのだと思います。

そんな時期が長かっただけに、今がとても楽しい日々に思えます。

(18年3月5日撮影)

(●゚ θ ゚) 父

ぽふぽふ

FI2369757_0E.jpg昨日(3月5日)は、あれから少しがんばりまして…。
ちゅんすけを驚かさないように、遠くからズームを効かせて撮影。
暖かかったせいもあり、網戸越しに聞こえてくる外の鳥たちの声に呼応して、ちゅんすけも活発に飛び回るので(でも、いざお友達が近づいてくるとビビッて逃げます…)、フレームに納めるのに苦労しましたが、何枚かご覧に入れられるモノが撮れました。

飛び疲れて、地球儀の本棚で一休み中、羽づくろいに夢中でぽふぽふになった瞬間をパチリ。ごぶたんほどではないにしても、少しはマッチュな肉体美?に見えるかしら…。



FI2369757_1E.jpg「ん?なにか姑息な視線を感じるチュン…」
ふと我に返るも、やっぱりぽふぽふ(笑)陽気のせいか、気が緩みっぱなし?

昨日は久しぶりに、窓を開け放っておいても平気な、暖かな日でしたものね。






FI2369757_2E.jpg飛び回るのに飽きたら、今度は(●゚ θ ゚) 母の手の上でいたずら。
わが家の旧式テレビのチャンネルを変えようと、手を伸ばしたら、テレビをコンコンとつつき始めました。

オヤ、いつの間にかテレビを恐れなくなってる!
ちゅんすけのいちじるしい成長ぶりに、里親としてはただ涙です…。

(18年3月5日撮影)





FI2369757_3E.jpgしつこいですが、本日撮影のダイコン兄弟(笑)。(●゚ θ ゚) 母の強い要望により掲載しました。

左の古いダイコンは、いよいよ終焉間近な雰囲気ですが、なお残った葉を窓際にかざすけなげさに感動。…しかし、右の成長ぶりはナンだと、小一時間問い詰めたい気分(笑)。
昨日の写真と比べても、明らかに数センチは伸びてます!
皆さん、スズメに与える青物は、水栽培のダイコンで決まりですよ!(そんなことないって…)

(18年3月6日撮影)

(●゚ θ ゚) 父

続きを読む

プロフィール

ちゅん父

Author:ちゅん父
カミサンの(●゚ θ ゚) 母と二人で、スズメのちゅんすけとひなちゅんに振り回されながらも、ますますちゅんどもに魅せられていく親バカな日々…。
閉鎖されたDoblogから引っ越してきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。